退職祝いと相場

自分の直属の上司であったり、お世話になった方に贈る退職祝いの場合には最低でも1万円で、最高でも3万円がおすすめです。
3万円となると、とても大きな金額ではありますが、このような高額な贈り物の場合には複数人で購入するのがおすすめです。

同じ部門の人はもちろん、その他の部門にもその上司にお世話になった人というのはいるはずです。
そのため、3万円のものでも複数人で購入をすれば問題ないですよね。

また、直属の上司に限ったことではなく、自分よりも目上の方にお金を贈るというのは良くありません。
お金を包んで贈るのであれば、その場合にはプチギフトなどを添えておけば味気無さもなくなりますよ。

これから退職祝いを贈るのであれば、そのことを是非参考にしてみてくださいね。

取引先の方の退職祝い

取引先の方に退職祝いを贈るのであれば、3千円から5千円程度のものが理想的ですね。
あまり高額のものを贈ってしまうと、相手からかえって気を使われることもありますので注意しておきましょう。

上司と同じように、現金や商品券といったものを贈るのはいけません。
退職祝いの相場はこのようになっているのですが、相場というのはあくまでも相場です。

相手とどのような間柄だったのかということも十分に考えたうえで贈るものを選ぶようにしましょう。
相手が本当に欲しいと思っているものであれば、相場よりも高くても安くても問題はありませんし、きっと本当に心から喜んでもらえるはずですよ。

退職祝いというのはその人がこれまでに一生懸命に働いてきたことを称える意味もありますので、そのことを考慮して相手が喜んでくれるものを心を込めて贈りましょう。

退職祝いに旅行券やカタログを

旅行券やカタログギフトというのは退職祝いに適しています。
特によくランキング上位に入るのが温泉やレジャーといった旅行券やカタログですね。

退職した後にゆったりと楽しむことができる旅行というのはやはり人気があるようです。
どちらももらった人に、自由に使ってもらえるというのが最大の魅力ですね。

また、男性の場合にはゴルフが趣味の方も多いですので、ゴルフウェアやジャケットといったものは何枚あっても良いのでおすすめですよ。
そのほかにもゴルフマーカーやヘッドカバー、グローブといった身の回りのアイテムを贈るというのも良いと思いますよ。

これから退職祝いを贈るのであれば、是非旅行券やカタログギフト、ゴルフグッズなどを贈ってみてくださいね。